Galaxy充電「Check BATTERY」不具合が出た時の復活法

Galaxyスマホにおいて長期間放置していると「Check BATTERY」表示が出る場合がある。バッテリーは内蔵なのでどうしようもなく、久しぶりに使おうとしたらこの表示が出て修理に持ち込んだ人も多いはずだ。

これは過放電保護機能であり、売却等をする場合にこのまま持ち込むとジャンク扱いで全く値が付かなくなる。他サイトではワイヤレス充電をしたら直ったというような対処法が多く書かれているが、以下の手順をやると一発で直す事ができた。答えは単純で、強制再起動である。
一度充電ケーブルを抜き、電源キー・音量キー下側を7秒以上長押しすると強制再起動になり、再度ケーブルをつなぎ直すと通常通り充電が開始された。どうやら強制再起動で過放電のメモリーが消去されるロジックになっているようだ。修理に出すにも金が掛かる訳で必ず直るとは言えないが、このエラー表示が出て困っているという人はぜひ試してみてもらいたい。