JR西駅員、イコカ着服で懲戒解雇 東駅員も券売機現金着服

JR西駅員が、落とし物のイコカを着服してハンバーガー等の私物購入に利用したとして、懲戒解雇されたようだ。四国でもホテル従業員が不正事案、5日には田町駅においてJR東駅員が券売機から現金を抜き取って着服していたとして懲戒解雇になっており、JRの不祥事が多く報道されているように感じる所である。JRに就職すれば生涯安泰のはずであるが、たった数万で人生を棒に振るのは残念としか言いようがない。
岸田政権による賃上げ要請に伴い物価が高騰する一方、末端従業員の賃金はむしろ上がっておらず手取りで言えば下がっている人が多いのが現実であり、それ故にこのような不祥事が増えるのだろう。このような不正を行う駅員がいると安心してサービスを利用出来ない訳で、半分は会社の責任であるが政府にも責任があると言えるだろう。公務員や教職員といった公職に関しては賃上げを行うとされているようであるが、元国営企業はその対象から外れており報道された際の影響の大きさから考えても政府も「民営化したから知らない」ではなく何らかの金銭的手当をすべきであろう。