ダイハツ、衝突試験不正発覚で新車販売停止 国交省検査検討

ダイハツにおいて、衝突試験の不正が発覚したようだ。衝突試験の様子はネットでいくらでも見る事ができるが、どうやら自動ブレーキの事ではなく機械を用いた側面衝突試験のようだ。しかし自動ブレーキについてもダイハツに限らず試験動画と同じような状況、あるいは似たような状況でブレーキや警告音が作動しない(販売店敷地内で客同乗で実験したら回避できずぶつかった)といったケースは良くある訳で、検査する車両だけ高価な部品を使ったり過度に作動するようにパラメータをいじる事も理論上は可能な訳で新車メーカー全体の問題に波及する可能性もありうる。メーカーの不正を防止する為、衝突試験は何カ所か会場を変えて市販車両を抜き打ちで実施すべきである。
近年進化を続けメーカー間で競争が激化し国も奨励している衝突防止ブレーキは自動車事故の防止、人身事故の防止に役立っている訳であるが、新車メーカーや保険会社にとっては買い替え需要が減り美味しくない側面はあるのだろう。とはいえ物損や車両は金を払えば何とかなるが、人身に関しては金を払っても何ともならない訳で人身事故防止の側面が大きいだろう。壊れて買い換えるというより品質やクオリティが高い商品を作って客が自ら買い求めたくなる商品を作るべきであるが、車業界全体にそのような意識が蔓延していたとしたら問題であり、ビッグモーター並みの問題に発展する可能性もあり今後の推移を見守りたい所である。