JR東、普通列車グリーン車料金を見直し 三島沼津も公式対応

JR東が、来春ダイヤ改正より普通列車グリーン車の料金制度を見直すと発表した。平日・ホリデー料金、事前・車内料金の区分を廃止し、suica料金・紙切符料金に統一する。係員は熱海から乗るので事前車内の判定不能、週末は観光客が多いという点で沼津を意識した改正のように見える。

函南~沼津は駅舎・路線ともに東海の管轄である。しかしながら東の車両がこの駅までは儲かるという事で乗り入れ(遊びに来ている)が、そこで問題となるのが普通列車グリーン車の扱いであった。東は管轄外、東海は知らないという事で宙に浮いた区間とされており首都圏~熱海まで買って熱海以西まで乗ったら無賃乗車になるのかとかランプが赤だから不正だとか様々な議論がされてきたが、従来のアテンダントに申し出て対応・紙のみの取扱いに加えてカードタイプのsuicaであれば購入出来るという事で首都圏から沼津まで行く場合の利便性が大幅に高まり東も陰ながら応援というのは素晴らしい所である。まさに今年一年の沼津駅の聖地繁盛ぶりを反映した改正と言える訳で、客数増に期待したい。