政府、ライドシェア容認の方針 タクシー会社所属等が条件

政府が、いわゆるライドシェアを容認するという報道があった。ライドシェアは誤解されている部分も多いが、あくまでも二種免許を持たない一般人が客から運賃を徴収する白タク行為を認めるという意味でドライバーと客をマッチングさせるアプリ等の基盤は既に出来ているが政府等が認めてこなかっただけに過ぎない。そして1対1が多いタクシーにおいて「赤の他人が乗るなら嫌だ」という部分であるが、ドライバー1人に対して客を何人にするかはアプリ運営側で設定できるはずである。
タクシーやバス業界からは「儲けが減るから嫌だ」という反対意見も出されていたようだが、業界に配慮してタクシーが少ない地域、あるいは時間帯に限定という案もあり、また「どういう人が来るか不安」という部分に配慮してタクシー会社に所属する事を条件としたようだ。
サービスとして成り立つのか、不正はないのか、本当に他業種の給与が減るのかという点について新しい商品やサービスに許容的な地域、つまり自動運転バスの予約が秒速で埋まった地域で実験してみれば分かるはずであり、どこで実験するか国交省のお偉い人であれば言われなくても分かるはずであり今後の展開に期待したい。