岸田政権、キックバック続々発覚 政権終了のピンチ?

岸田政権の閣僚にパーティ券キックバックの報告書未記載疑惑が続々浮上しており、官房長官更迭も検討されているようだ。政治とカネは切っても切り離せない関係で与党のみならず野党にも似たような疑惑はあるのかもしれないが、疑念を持たれる不適切な使い方はあってはならず、国民に丁寧に説明する必要があり、派閥に属していない菅前総理を推す声も見られる。
岸田政権が目標としているリニア開通も、総理が変われば静岡県に対して強硬派に変化する可能性も否定できず総理も判断を間違えてはいけないが川勝知事も間違った判断は出来ないというところだろう。
マスコミの批判をしない事でマスコミも政権の批判をせずのらりくらりと過ごしてきた岸田政権であるが、報道の仕方が変われば政権終了に追い込まれる可能性は否めない訳で今後の行方を見守りたい所である。