JR東、新幹線1日1万で乗り放題切符発売 東海はなぜやらない?

JR東がまた衝撃の切符を創成したようだ。平日限定・14日前限定・えきねっと限定で「たびキュン早割パス」という名称になっており、在来線・特急・新幹線自由席は乗り放題、指定席は2回まで乗車可能で価格は1万円となっている。仮に東京から仙台まで行った場合片道1万円なので片道の時点で元が取れる設定になっている。2/14~3/14の限定販売となっており、おそらく年度末に向けた業績穴埋めなのだろうが新幹線も含めたフリーきっぷを出すのは極めて珍しい。
東が決死の覚悟で安くしたりフリーきっぷを出したり観光資源を宣伝する一方、東海は沼津駅を除いてこれらのサービスには消極的であり定価を徴収して正確かつ高品質な列車を運行する事を売りとしているようだ。車内で正式名称ではなく新幹線と名乗ったり「のぞみ」も含めてやけにブランド価値にこだわりそのブランド価値を毀損させたくないという狙いがあるのだろう。しかし一人でも多くの観光客に来てほしければフリーパスが極めて有効というのはネクスコ各社が証明している通りであり、1万円と言えば熱海~浜松を新幹線で往復利用すれば同額になりEXサービス限定にすれば身分が証明され悪用も防げて会員数も増やせる訳で静岡県内限定の新幹線フリーきっぷを売り出す日は来るのか、今後に期待したい。