なぜ茨城には県域テレビ局がないのか?知事「ネットで問題無い」

茨城には県域テレビ局が存在せず主要な広報手段は茨城新聞等の新聞と公式YouTubeのみになっており県域テレビ局を望む声も多いようだが、知事は「YouTubeがあるから問題無い」「必要性もない」と一蹴している。
県域テレビ局はどこも基本的に流す内容が無いので日中は通販やキー局から買った素材を流しつつ、朝や夕方は県の広報として県内のイベント等を伝えたり事件事故を伝える役割がある訳で、特に事件事故を伝える点ではその地域の治安維持に一定の役割を果たしているはずであり、悪い事をすればテレビで報道されるという点で一定の抑止力を発揮しているはずだ。過去にも開設の動きはありスポンサーや資金が集まらなかったから撤退したとの事だが、カスミやケーズが金を出せば県域テレビ局を開設し運営するぐらいの資金は軽く集まるはずだ。一昔前は「最下位で何が悪い」とか開き直っていたが最近は大阪に負けないよう治安を上げる施策を次々打っており、県域テレビ局についても従来の姿勢からの転換を期待したい。