Kアリーナ事件は自作自演、界隈に衝撃もネット「最速で帰れる」

Kアリーナの刺傷事件は自作自演であったという報道が界隈を賑わせている。女性自身がスタッフ等に連絡したのだろうが、スタッフは当然消防通報、消防が警察に通報した事で警察の捜査が入り当然女性は事情聴取され事件性があるかないかの捜査対象になったはずである。ライブ参加者は全員身元を特定でき、タイミングが退場時、及び目撃情報が無いのも不審がられていた部分である。
Kアリーナは新しいライブ会場とされている一方、駅へのアクセスに課題があり狭い場所に無理矢理作ったという経緯もあるのか外に出るまで2時間掛かりネットが炎上しているようだが、目的として「推しグループがこの会場を選ばせない為」「自分で事件化すれば最速で帰れる」等の意見があるようだ。救急車で運ばれ会場を最速で出る事はできたかもしれないが、消防や警察の事情聴取を含めてトータルで掛かった時間を含めれば2時間は優に超えているはずであり、今後のライブ会場としての評判に傷を付けたのみならず運営等の迷惑は計り知れない。
どこの運営もe+等のチケットは必死にチェックして顔認証までやらせているが、荷物検査については甘い印象は否めない。そしてそういう凶器等が持ち込めてしまうという運営側の脆弱性も露呈したわけで、今後はどこの運営でも金属探知機等含めた検査が厳しくなるのかもしれない。