岸田総理、トリガー解除検討 ”聖域”に手を染めるのか?

岸田総理が、暫定税率として上乗せされているトリガー条項凍結解除を検討するという報道があった。支持率に一喜一憂しないと言いながらも結構気にしているようで支持率が過去最低となり焦っている見方もあるようだが、いつものように検討使で検討して終わるのではないかとする保守的な意見もある。トリガー凍結解除となると地方税収にも影響が出る他、1.5兆必要と財務相は発言しておりどこから予算を取るかが問題になるだろう。

↑聖域と言えばこれを思い浮かべるが・・・。
また、トリガー凍結解除となるといつ戻すのかでまた議論が起こりうるほか、現在行われている補助金が終了して軽油・重油等が値上がりして物流や商品の更なる値上げにつながるのではないかとする意見も多い。支持率アップのためになりふり構わず何でもやる作戦に出たようだが、地方の損失分は別枠で補助というスキームにすればトリガー解除と消費税廃止は実現出来るはずであり、どういう施策を打ち出すのか期待したい。