臨時快速「菊川de逢える号」茶娘同乗で菊川の魅力満喫

JR東海の臨時快速「菊川de逢える号」に乗ってみた。乗車券とは別に指定券530円が必要。

東海で臨時が走るのは珍しいので、臨時列車オタクがカメラを多数構えていた。静岡県内で臨時列車をバンバン走らせるだけでも経済効果があるのかもしれない。

車内はこんな感じで、装飾もかなり施されていた。

もはや菊川市の走る広告塔と言っても過言ではなく、沿線自治体は知事が許可を出していない今のうちにバンバン企画をJR東海に持ち込むべきであろう。リニアが走ったら今ほど在来線の面倒は見てくれないかもしれない。


車内はこんな感じであり、ポスターも掲示されていた。

広告スペースは菊川市の写真に置き換えられていた。

菊川産業祭にも行ってみた。駅から徒歩30分ほどであるが、さわやかウォーキングのコースなので楽しみながら行けるだろう。


会場はかなり盛り上がっており、子どもは乗りたいが大人は乗りたくないパトカー、消防車の展示も行われていた。

ステージではよさこい踊りが披露されていた。

勿論飲食ブースも多数出ており、フランクフルトや飲料などを買ってみた。偉い人が決めた事には従う、お祭りは全力で楽しむ県民性ということで、国内で5本の指に入る金持ち会社の企画力に期待したい。