ヤマト運輸等、2024年問題に対応 貨物輸送に転換?

今までほぼ空気輸送だったJR貨物だが、最近は荷物満載で輸送しているように見受けられる。物流各社も2024年問題に向けて貨物への切り替えを模索し始めたのだろう。

特にヤマト運輸・西濃・福山通運・佐川が同じレールに乗っているのはなかなか面白い光景である。貨物の場合はラストワンマイルという事で駅から運ぶ手段がないとよく言われるが、全国に配送網を持っている会社であれば取りに行けばいいだけなのでそれほど苦にはならないだろう。JR貨物もたくさん運んでくれるなら割引が効くはずであり、物流クライシスに対応できるのか、今後に期待したい。