菅前総理、ライドシェア解禁言及 言葉だけ一人歩きで論点整理必要

霞が関において「ライドシェア」が話題になっているが、端的に言えば白タク行為を認めるというものでタクシーバス業界からの反発は必至でありメリットデメリットを十分整理する必要があるだろう。
メリットとしてはアプリや電話等で呼び出せば来るという部分だ。バスが運行していない時間帯及びタクシーが出払っていたとしてもその地域の近くに住んでいて動ける個人がいれば来るという点では非常に有用な施策であり、特に地方や過疎地域では有力な移動手段になる可能性を秘めている。運賃を中央の本社に上納する必要も無く個人の収入になるのでその地域の経済が回る可能性もありうる。
デメリットとしてはタクシーバス等の既存の交通機関に多大な影響を与える可能性、料金授受や決済トラブル、車内の清潔性、喫煙車・禁煙車、土足禁止等のオーナー規則、及びドライバーが急に目的地を変えたり車内での不適切行為等の悪用をどう防ぐか、という部分である。タクシーバスであれば本人ではなく会社に言えば会社が処分する点で品質がある程度担保されているが、白タクは個人なので文句を言う場所が無く運営に言ったとしてもせいぜいアカウント凍結程度であり実効性が低くトラブルを起こしたら反則金・免許停止というような処分制度を作ればある程度の実効性は担保される訳で、ライドシェア解禁に向けては既存交通機関との整合性及びトラブル時の処分方法を明確に定義する事が必要であると言えるだろう。