JR四国、端岡駅無人化発表も市長受入れ 高松起点の種別解説

JR四国が端岡駅の無人化を発表した。こういうのが起きると自治体は大概反発するが、高松市長は「今回は仕方ない。次の機会で有人化を目指す」として全国でも極めて異例で受け入れる姿勢を表明した。赤字会社に無茶は言えない上、喧嘩すると中長期的な関係がこじれると考えたのだろう。客数が県内2位といっても端岡は通勤通学需要がメインなので出先の大きな駅できっぷ等を買えるはずである。

端岡駅はJR四国で本数的に最も恵まれている高松~坂出間に位置し、普通・快速サンポートが停車する駅であり、深夜は快速マリンライナーも停車する訳でダイヤ的には比較的恵まれており、切符が買えないと言っても周辺の駅に買いに行ける環境であると言えるだろう。最も最近はスマホアプリ「スマートえきちゃん」がありいつでもどこでも定期も含めて買えるので無人化が進んでも実際に使っている通勤通学の人達が困らないようになっているはずだ。サンライズ等で高松に来ても列車名が有料列車のような名前と感じる(快速にカタカナ名が付いているのが珍しい。関東でライナーはまず有料)のが県外から来た人達の感想であり、移動の基軸となる快速サンポート・快速サンポート南風リレー・快速マリンライナー(1号車除く)について乗車券だけで乗れる列車である事をさらに宣伝していく必要があると言えるだろう。