チケット譲るとSNS投稿も直後音信不通、詐欺容疑で男逮捕

SNS上にチケットを譲ると投稿後、相手からの入金を受けたにも関わらずチケットを送付しなかった詐欺の疑いで、男が逮捕された。入金直後に音信不通になる例は多く知られているが、泣き寝入りしているケースが多く検挙されたのはあまり例がない。チケット転売防止法を言い出す人がいるが、今回はそれ以前の問題であり定価より安い・定価・定価より高い等の価格設定関係なく支払った後にその対価を提供しなければ詐欺なのである。ペイペイ等のコード決済送金機能が悪用されているのが実態だが、ペイペイはダンマリを決め込んでいる。

逮捕された犯人の投稿ではないが、ツイッター(X)にはこのような投稿が多く見受けられる。最近のチケットは顔認証等が必須であり転売できないようになっているが、中には紙のチケットを発券する物もありそのチケットを持っていれば入れる形態であれば転売も可能なのである。写真のみ・加工されている・とにかくペイペイ等での先払いを要求してくる場合は詐欺の可能性が高い。というか向こうがペイペイ(に限らずコード決済各種)と言い出した時点でこちらから取引お断りと言った方がいいぐらいであり、それ以前に身元の分からないSNSかつ身元の分からない方法で送金を求めてくるという時点で危ないと思った方が良いのである。2倍3倍出しても買いたいというファンの気持ちは分からないでもないが、そもそも何十倍ならば人に譲らず自分が行くはずでありその気持ちを逆手に取り詐欺師が暗躍しているのが実態でありSNSでは探さず公式から買うようにしてもらいたい。