JR西、蓮とコラボ伏線?運営「水は一滴も譲らない」

JR東海が展開する沼津駅コラボが大盛況のようであるが、同じラブライブグループの中でも「蓮の空」は金沢駅周辺を聖地としており、管轄は言うまでもなくJR西だろう。北陸新幹線で見れば東・西となり東海道新幹線の競合だ。最近は「ココン東西」という曲も出しており伏線だろう。
どの会社のどんなメディアともコラボする比較的緩いラブライブ運営であるが、ゲームやグッズの制作会社は別としてAqours(サンシャイン)だけは三島・沼津に関係ない店舗施設には貸し出さないという義理堅さであり、東海と西は運命共同体みたいな扱いなのでコラボも必然なのかもしれない。金沢駅もラッピングしてほしいという声が多く、東海と同じような事はできないかもしれないが、駅舎装飾やパネル設置ぐらいはできるはずだ。JR西も地域から「ジャパンを名乗るな」等ひどい言われようであるが、東海が変わったのだから西も優しく寄り添う会社に変わる事を期待したい。

描き下ろしイラストでE7系・W7系新幹線車両が描かれていてファンの間では「コラボ伏線では」と言われており運営としてもコラボを切望しているのが読み取れる。石川県も過去にコラボを実施しておりそれだけでも十分理由になり得るだろう。ノートの色がオレンジと青というのもJRの色と重ね合わせて考えるとかなり意味深である。JRとしても金沢と沼津を行き来出来るようなコラボ施策を打ち出すべきであり、JRの輸送実績向上及びファンの相互送客につながる展開が実施され蓮の花が咲く事を期待したいものである。