JR九州社長「不正は犯罪」新幹線キセル疑惑で警察に相談

JR九州社長が、外国人YouTuberが新幹線のトイレに篭もって車内改札を回避、出てきた際に車掌から逃げた一連の動画を確認したとして「本当に迷惑」とし警察に相談、被害届の提出も検討していると発表した。日本人ならここまで炎上しなかったかもしれないが、外国人という事で早く対応しなければ九州側が炎上するというジレンマに陥っており、個別の客の事案について社長が対応を述べるのは極めて異例。

安倍政権・菅政権で唯一間違っていたのはインバウンド強化であり、それはすなわち自国で経済を回せないから外国資本に頼るという白旗を揚げた事と同義であり岸田政権のように日本人一人ひとりがしっかり稼ぐ力を身につければインバウンドに頼る必要も無いのである。外国人は都合が悪くなると「日本語分かりません」と言ったりしてこのように犯罪行為に及ぶケースは多々確認されており、警察も外国人相手の対応には苦慮している様子である。JRも多言語マニュアルを整備し入国時に強制配布する等して外国人への呼びかけを強化すべきであり、勿論適正に乗車券類を購入して旅行を楽しんでいる外国人もいるだろうが、このように一部の悪い者のせいで全体がそのようなイメージで見られる事を理解する必要があるだろう。