ファミマ「中身中身」連呼もお詫び商法で炎上回避 某車屋意識?

ファミマが、メロンパンの宣伝に他の企業では見られない新しい手法を投入したようだ。ポスト編集機能を利用して「中身中身」という某車屋を意識した公式にしてはかなりぶっ飛んだツイートを投入、そしてその直後に自分自身が謝罪することで炎上を回避するやり方だ。一般的な案件で炎上する原因は謝罪の遅れであり、秒速で謝罪すればそもそも火すら立たないのである。

某車屋も真っ青になるぐらいの謝罪スピードの速さ及び潔さであり、これが対応の基本だと言わんばかりに皮肉が効いているあたりが面白い。ファミマはなぜかネット民の御加護を受けておりそのままでも炎上しなかったかもしれないが、少なくともセブンだと即炎上の内容でありセブンには出来ない純国産チェーンならではの独自路線を突き進んでもらいたいものである。