JR東「えきねっとトクだ値」は区間内なら任意の駅で乗降可能

JR東「えきねっとトクだ値」は、割引商品でありながら意外と緩い運用になっている。本来は日付・列車が指定される商品であるが乗り過ごした場合は乗車券部分は生きており特急券のみ買い直しという規定になったほか、区間内なら任意の駅で乗降可能というように明確化された。

例えば上の図のような場合、東京~仙台の区間を買っておけば差額の返金は無いという事を了承の上であるが大宮から乗っても良し、福島で降りても構わない。ただし、例えば仙台着で盛岡まで乗った場合は通常の乗り越しと同じ扱いとなり差額分の精算が必要である。区間内で降りたと言ってもその切符で再度新幹線に乗り直す事はできないので注意。買いたい区間が販売されていないからと言って諦めず、割引率によっては1~2区間ずらしたとしても定価より安いケースが多いので、定期的に公式サイトをチェックして探してみてもらいたい。