新幹線特大荷物スペース予約・料金解説 客同士のトラブルも?!

新幹線がキャリーバッグで溢れかえる事を防止する目的で三辺合計160cm以上の荷物は「特大荷物」として特大荷物スペースつき座席に置くよう求めているが、イマイチ浸透していない。そして特大荷物を予約せず持ち込むと1000円取ると言っているが、取っているのを見た事がない。飛行機に準ずるサイズだと主張しているが、今時LCCでも預入荷物は全て有料でありJALは機内荷物は115cmまでとしているので間を取って120cm以上は一律有料というように厳格化するのも一つの方法だろう。そして飛行機と違い重量や個数の制限もない。JRは旅客会社であり荷物に金を取るのは遠慮してきたようだが、空間や重さに対してコストが掛かるのだからこれからはしっかり取っていくべきである。


特大荷物かどうかは自分で調べる事ができ、これに該当する場合は特大荷物スペースつき座席を予約(追加料金不要)し、その部分に自分の荷物を置くようにしてもらいたい。なお、特大荷物スペースつき座席を予約すると号車単位の制御なので通常そこには何も置かれておらず自分の荷物が置けるはずであるが、他人の荷物が置かれていた場合は違反となるので速やかに車掌等に報告してどかしてもらうようにしてもらいたい。