渋谷区「ハロウィン会場ではありません」告知で話題、人流抑制に課題

渋谷区が「ハロウィン会場ではありません」という大々的な告知をハチ公前で出しもはやアート作品になっているという事で、実際に行ってみた。

土曜の昼間でこれだけ人がいるので、ハロウィン当日となればどうなるかはお察しである。しかも駅周辺は再開発工事が進んでおり歩行者が歩けるスペースが通常より減っているのも問題であり、山手線を通過させる、あるいはJRの改札機を落としてそもそも駅に来させない等の抜本的対策を取る必要があるだろう。

行政にしてはかなりカネを掛けたというか巨大なメッセージボードであるが、このメッセージが国民に届いて当日のハロウィンが混乱なく終えられるかどうか期待したい。