ぷらっとこだまで観光需要を創出する方法 不正炙り出しにも効果?!

ぷらっとこだまは定価より25%オフ(計算上は特急料金半額)となっているが、いわば客からすれば割引という弱みを握られているという事になる。東で言えば前日までにやまびこに乗ると言えば安くしますよという事なので、滅多に無いサービス商品であると言えるだろう。
それであれば不正防止も兼ねてぷらっとこだまに利用条件を付加し、観光施設利用または駅ナカ店舗・自販機で商品を購入した事がわかる証明画像をEXサービスまたは専用サイト等にアップロードし、1日以内にアップロードしない客は定価を請求するようにすればよいのである。こうすればこだまの主要停車駅である静岡県内で弁当一個、ジュース一個でも買おうとする人が増えるのは間違いない。そして東海側としてもどの施設が人気なのか分析やデータ集めが可能になり、変な画像・無関係画像・拾い画や他人の画像等を利用した事が発覚した場合はアカウント無効とすれば不正者を炙り出す事も可能となる。割引した分は本来観光等に使うべきという趣旨を客にも押しつけるべき時代になってきていると言えるだろう。