ぷらっとこだま、将来的にはEXと統合?使いやすくすべき

東海道新幹線の中でも速達性が低く不正や転売の可能性が低いと言われるぷらっとこだまであるが、現在はEXとは全く関係ない独立した別メニューとなっていて購入するのが毎回手間であり、将来的にはEX経由で買う流れになる可能性も高いだろう。売りの一つとなっているドリンクをどうするかがポイントだが、無いなら無いでユーザーは受け入れるはずである。パック商品がEXと統合されたのでこちらが統合されるのも時間の問題だろう。
そして変更一切不可、東京等の大きな駅における改札口も限定という事で若干使いづらい側面もあり、本来は「こだまに乗ってくれたら安くしますよ」という趣旨のはずなのに「切符ではないので変更できません」という建前論のせいで安く買えるのは良いが旅の自由度を削がれている側面は否定できない。上層部が実際に使って旅をしてみればぷらっとこだまの課題が分かるはずであり、改善に努めてもらいたいものである。