JR東、ハイテク自販機・ハニーズバー終了 維持費と売上見合わず?

JR東がハイテク自販機を終了すると発表した。現時点では殆どの駅から撤去され、数駅程度しか残っていない。8月末にはハニーズバーも全店閉店が発表された。

カメラを搭載して顔認識で客の性別等から最適な商品を選ぶ機能が搭載されているようだが、顔認識自体賛否両論あるというのも一つの理由だろう。また、一番の理由はメンテナンスコストのはずで、部品点数が多ければ多いほどメンテナンスコストは増える訳でその分売上が上がっていれば良いが普通の自販機と変わらないのであれば実質赤字としか言いようがない訳で結局ボタン式のローテクに戻るというのはなんとも皮肉な話である。鉄道以外の副業は赤字覚悟で手広いサービスを展開してきた東であるが、ついに聖域に手を付けだしたというか感染症からの落ち込みが完全に戻らない以上儲からないサービスは終了するという点で転換期に来たのかもしれない。