静岡市長、駅南口再整備発表 歩行者が利用しやすい空間に拡大

静岡市長が、静岡駅南口について「開けた感じがしない」「歩行者の移動等に課題がある」等として空間を再整備すると発表した。供用開始は10年後を見込んでいるようである。開けた感じというのは熱海・沼津駅のような開放感を示しているのだろう。

駅を出ると見えるのは1枚目の写真であり、信号の先にホテルがあったりしてそちらに行く人も多いが一回信号を待たなければいけないのは厄介であり信号廃止・あるいは地下道でもペデでもいいので市街地の方に行けるようにしてもらいたいものである。南口真横一等地に陣取っているJR東海支社もそこに置くぐらいならファミマでも置いて歩行スペースを拡大した方がよっぽどマシだろう。駅近一等地を事業所が占有しているのはもったいない現状であり、それなら消費税が納税される商店や住民税に繋がるマンションにした方が経済活性化にも繋がるというものである。

参考までに、こちらは開けた感じがする熱海駅前の様子である。

タクシーやバスがごっちゃになっているとかラッシュ時の歩行スペースが足りないというのは市長の言う通りであり、駅を出てすぐタクシーに乗れるのはタクシーを使う人にとっては利点ではあるが地方の駅といっても新幹線が止まる県庁所在地の駅なのでもう少し整理し、公共交通と歩行者の分離という観点で言えば四国の高松駅が良い見本と言えるだろう。土木専門家の知識を発揮して利用しやすい駅前にしてもらいたいものである。