じもあい祭り、県内ホテルほぼ枯渇 ライブよりも物販希望者多数?

10月7~9日の日程で沼津駅周辺でラブライブサンシャインのイベント「地元愛祭り(通称じもあい)」が開催されるが、ホテル枯渇が沼津市内のみならず三島・熱海あたりまで拡大し、静岡駅周辺まで取るのが困難な状態となっている。一部のホテルではダイナミックプライシングの影響でシングル一泊10万を超える所も出てきている。その割には現在もチケットは絶賛販売中(一部は売切)なので、ライブ本体というよりも物販や祭りの雰囲気、現地に泊まってJR装飾を楽しみたい人が多いのかもしれない。運営は本日、沼津駅始発列車で来た人を優先に物販会場に案内すると発表した。
JR東海としても万全の対策を打ってくるのは間違いないはずで、駅構内装飾はもちろん、需要に合わせて車両を増結したり臨時列車を走らせるケースもありうるだろう。ファンいわく「去年はここまでではなかった。今年は旅行気運が高まったからではないか」としているが、JRコラボの効果はすさまじく、JRの中身は実質国鉄であり国が認めたという事でライト層のファンも駆けつけるという事なのだろう。これまで堅物会社と言われてきた東海に”じもあい”はあるのか、あるとすればどういう施策を見せてくれるのか。比較的ゆるい運営としっかり者の東海が手を取り合い、トラブルや混乱等なく無事にイベントが終了する事を期待したい。