川勝知事、次回の知事選に出馬せず退任?JR東海と戦った16年

川勝知事が、次回の知事選に出馬しないかもという一部報道が入ってきている。1社だけなのであくまでも噂レベルであり本当なのかは不明だが、昨今の振る舞いを見ればそういう選択もあり得るかもしれないと思った節である。
彼は全身全霊観光に捧げた知事であり、全ての選択肢において「それは県の活性化に資するか」「それは観光に資するか」「それは人口増になるか」の基準で良くも悪くも許可・不許可を決めてきた人である。リニアに関しては表向き水問題を唱えつつも県内にメリットがなく何の代替策も東海側が示してこないのでずっと強硬姿勢で不許可を貫いてきたが、ここにきて東海がスゴイカタイアイスを捨てる決死の覚悟で頭の固い対応を改めるという事で県内に全国から客を呼び寄せる社運を懸けた様々な観光施策を展開した事により知事の態度も変わってきたようだ。JRに限らず何か民間会社が新規事業をやる際には富士山を越えて地域密着さで世界一になる覚悟を示した事業者や店舗にしか許可を出していない。どこぞの国会議員のセリフではないがもちろん2位じゃダメですよ、1位を目指さないと意味がありませんから。
まさに年間利益3000億を誇る巨大企業と戦った16年と言っても過言ではなく、10年以上も一民間企業に対して怒り続けたというのは相当なエネルギーであるに違いない。4期で退任されるのであればそれはご苦労様と言いたい所であるが、後の人がやりやすいようにリニア問題に関して結論を出してから退任してもらいたいものである。