静岡県内のリニア推進看板、誇張多く県民不信?現実を描くべき

静岡県内の新幹線駅にはリニア推進看板が設置されているが、通りすがる県民が私に目で訴えてくるのは「ひかりこだまの増便なんて本当かどうか分からない」「仮定の話を現実のように言われても」という部分である。

県内に駅がない(地理的にも作るのは無理)のにメガリージョンとか言われても、というのが本音だろう。そしてリニアが開通すれば東京の人は静岡を素通りし、そのまま名古屋や大阪まで行ってしまうので静岡の人口減少が加速する懸念もあり得る。開業すれば東名阪は発展するかもしれないが、それ以外の都市がどうなるかも示すべきである。

上の画像は当方が作成した本物を模したパロディであるが、本来対話というのならば上のように誇張せず嘘をつかず正直に記載すべきであろう。あのリニア推進看板は前社長時代に作られた物であり、当時の社長はこれのみで「コミュニケーションを取っている」と言っていたので開いた口が塞がらない。昔の某大手コンビニチェーンが唱えた”コミュニケ”とまさに同じである。静岡県内においては、リニアをリニアで説得しようとする正攻法は通用せず無駄かつ無意味であり、その代替として観光振興を力強く実行していく必要がある。看板自体は手段として活用しつつも、現在の会社のキャラ及び議論とかけ離れつつあるのでそろそろ修正すべきだろう。東海もリニア自体が静岡県にメリットをもたらさない事をそろそろ認めるべきであり、その代わりに観光促進策を打って人口流出を止め、移住する人を今以上に増やし、リニア開業後も街が衰退する事なくむしろ今以上に活気が出るような期待が持てる記載に変更すべきである。変な内容をゴチャゴチャ書くぐらいであればいっその事あのスペースにAqoursコラボの奇跡を記した例の新聞を張るべきであり、ご意見ボックス等を設置して県民による賛成反対の意見を貼り出し担当者が回答したり毎月中身を更新して水・生物・土に関する最新の内容を記す等の双方向性を持たせてメガリージョンとか東名阪とかはどうでもいいのでまずは知ってもらう部分から始めるべきであろう。