リニア期成同盟会が川勝知事を叩くのは時代遅れで辞めるべき

リニア期成同盟会の沿線知事は川勝知事に対して「開発が遅れる」等として早期許可を求めているようであるが、それをやると機嫌を損ねるので辞めるべきである。外野から色々言われなくても適切なタイミングでそのうち許可は出すでしょう。割と強めの圧力を掛けているのは愛知県知事である一方、都市圏に人口が流出する立場で静岡の気持ちが分かる長野や山梨知事はそれほどうるさくは言っていない。
リニアは静岡にとってメリットはなく、かと言って補償という名目のカネもいらないしのぞみ停車が欲しい訳でもないようだ。それよりむしろ欲しいのは観光客や定住人口であり、お偉い様が色々決めて何かが降ってくるならありがたく頂くという感じなのだろう。駅がないからという人もいるが、あの場所に駅を作っても誰も住めないので開発は不可能だ。説得すれば何とかなるとか正攻法で何とかなるという考えは大間違いであり、リニア開業に伴う静岡のメリットを政府も東海も示せない(仮に示せたらギネス物)のだから、それに代わる観光振興策を全力で実行する必要がある。

期成同盟会はリニア以前に静岡の観光促進や宣伝に力を入れるべきであり、神奈川県知事が熱海の温泉に浸かったり沼津なり、期成同盟会のメンバーという事であれば他県の紹介をしても問題ないはずだ。既にJR東海は新たなステージに突入しており、逆に期成同盟会の頭の固さが目立ってきている状況でスゴイカタイアイス並みに固いのは残念だ。自治体が特に努力しなくても勝手に人口が増えていく東京・神奈川や名古屋の街が成り立っているのは誰のおかげなのかということを期成同盟会のメンバーは再認識し、態度を改めるべきであると言えるだろう。