松野官房長官、迷惑系YouTuber批判 私人逮捕系も含まれる?

松野官房長官が、いわゆる迷惑系YouTuberについて「プライバシーの侵害や迷惑行為等は控えるべき」と断固非難した。特に私人逮捕系YouTuberは街中をうろつき、怪しい人に声を掛けて逮捕だ逮捕だとして警察署に連行させ、その過程を動画撮影して閲覧回数を増やすのが主な目的のようであるが、そんなに元気ならば全国の警察は人手不足なのだから警察官に応募すれば良いと思う所である。
そして、そのような活動を過度に行う事で究極な話、極論を言えば外を一歩出たら逮捕されるという事で一般市民を怖がらせ、外出を控えさせ、岸田政権が掲げる新しい資本主義に反する内容で経済活動の萎縮にも繋がりかねないと言えるだろう。私人逮捕は権利としては存在するが、警察は刑事訴訟法において明確な証拠が無い限り逮捕等の刑事手続きは取れないのだからその辺の一般市民を再生数稼ぎのために逮捕逮捕と言い張って警察署に連行するのは本人が何かされて本人が突き出すのであれば別にしても、第三者が証拠も無しに突き出すのは控えるべき行為であると言えるだろう。