スマートEX、早特商品の座席変更対応 便利に使いやすく改善

スマートEXが、早特商品の座席変更機能を公式に実装したようだ。これまで早特商品の座席変更機能は実装されておらず、駅にて相談、あるいは列車内で係員に相談という事で利用しづらい状況が続いていたが、割引商品の効力を維持したまま直前に席を変更したいとか隣に人がいて欲しくないという人も便利に利用しやすくなる。座席変更のために当日分を定価で購入して変更したという人も多いはずだ。早特商品は本来席数限定販売であり、座席位置まで縛る必要は無いはずである。買おうと思ったらセッション切れという現象も事前に予告が表示されるようになった。
 
具体的にはスマートEXの「変更」ボタンを押すと上のような画面が表示され、座席のみを変更するか、それ以外を変更するかを選択できる。座席のみ変更を押すと当該予約のシートマップ表示、乗車日・区間変更を押すと従来通りの条件入力画面に遷移する。当日に運用は分かるのだから列車一覧でN700A/N700S表示、それに伴う各席の電源有無、需要があるかは不明だが停車駅一覧や各駅の停車時刻等の詳細なデータも参照できるようになれば初心者からマニアまで使いやすいツールになると言えるだろう。