ホンダ新型NBOXレビュー 軽を超えた装備!買って良かった収納等評価!

友人がセンシング付の新型NBOXを新車で購入しましたのでレビューします。2017年9月にフルモデルチェンジを受けセンシングが全車標準になって出たばかりの新しいモデル。走行距離はわずか3km。できたてほやほやの新車です。
NBOXは雑誌やネット等でも高い評価になっており隙の無い車、他の追従は無理、軽ではこれしか無い!という評価になっていますが本当なのでしょうか。60枚の写真と共に検証したいと思います。
*本レビューでは標準装備のことを「標準」としています
また運転初心者や女性に合わせて技術的な説明はなるべく省き、ふんわりとしたレビューにしていますのでご了承下さい。

1.外観
 
タイヤはエコピアでした。ホイールも安さを感じさせないデザイン。
出っ張りのような物はセンサーですが、センシングの機能の一つである「後方誤発進抑制機能」のために全車標準となります。

 
アンテナは中央部ではなく右端となります。燃費を気にする人は即撤去してドルフィンアンテナに改造ですね。
多くの車にある天井部分の黒いゴムのような部品が内部に移動しているため見た目のデザインがよくなっています。


車体色に合わせたウインカーつきのミラーとなります。GLターボ以上は鍵閉めたときにミラーが自動でたたまれるオートリトラミラーが標準となります。


側面はフィット同様のデザインを採用し、持ち手はバー式となります。
全車スマートキー標準ですので、握ると解錠、黒いボタンを押すと施錠となります。


サイドは真四角で直角のような印象を受けますが、フロントの顔は可愛いですね。女性受けする理由が分かります。
タントと比べてガラスが黒いなと思ったと思いますが、これは全てのガラスにIR/UVカットのガラスを採用しているためです。日焼けを気にする女性に嬉しい装備ですね。また中が見えづらくなっているのでプライバシーも安心です。
給油口は、車内部でレバーで開ける形式では無く給油口部分を押すと反動で開くタイプなので初心者にもわかりやすいです。ただし車が施錠されると給油口もロックされるので給油時は注意。

2.インテリア
車の中に入るとレクサスを彷彿とさせるウェルカムメロディが鳴ります。オフにできるのかは不明。


シートは触るとふんわりした感じですが、実際座ってみると「電車より少し柔らかいかな」「特急電車に近いな」という印象。5km~10km程度の通勤であれば疲れないかなと思いますが半日以上の長距離には向いていないシートですので、社外クッションなどを敷くことをお勧めします。どちらにせよ快適なシートなので大腿骨の負担が軽いです。軽にしては感動ものです。後席のシートは前席よりは劣ります。

 
持ち手の上の部分に取っ手があります。簡単なチケット類やコイン類の一時収納にも使えそうです。


ミラーの調整、チャイルドロック、窓の開閉権限の設定があります。窓に関しては運転席から4ドア分操作可能です。
子どもが勝手に窓を開けるのを防ぐことができます。
また車速感応ドアロックが全車標準ですので車が動きだすとガチャっと音がして全部のドアに自動でロックがかかります。子どもが不意に出ることを防止するほか、煽り運転で煽られた時も安心ですね。


その隣にはコインやスマホなどを入れられそうなちょっとしたスペースが。
確認したところ5インチ相当のスマホなら横にして入れられます。
気が利きますね。


続いてメーター下にティッシュが入りそうな収納、スタートボタンの上側にもちょっとした収納が。
上にチケット類、左にスマートキー、右にドリンクを想定しているようです。
小銭などを入れておけばドライブスルーで財布を出さなくても済みますね。


エンジンは鍵では無くボタンを使ってスタートストップという機能が全車標準です。位置はホンダ車はハンドル左の車もありましたが、最近から右に変更になっているので注意。ボタンにはフィット同様照明が付いていてやんわりと光るので夜間も安心ですね。
その上はスライドドアのオープンクローズボタンです。ここを押すとタクシーのように自動で開け閉めができます。
また隣のオンオフの設定は「自動スライドドアを有効にするか」というもので、これをOFFにすると自動スライドドアがオフになりどちらとも手動になります。よくディーラーにくる客で「自動で開かない!」という客のほとんどはこれがオフになっているケースが多いとのことでした。


一番下には横滑り防止機能、センシングの車線逸脱機能、衝突防止機能のオンオフの設定ですが、安全の根本に関わる設定ですので営業から原則いじらずに使ってくださいとの説明がありました。

 
ハンドルまわりのボタン類です。感触は固めで押すとマウスのクリック音のような音が出ます。
左側はオーディオ関係です。左右を押すと音楽を切替え、上下で音量。ソースボタンで地デジやBluetoothなどを切り替えます。
Bluetoothの電話関係のボタンもありますので、連携の設定をしておけばこのボタンを押すだけで電話を取れます。
右側はホンダセンシングに関係する機能です。全車標準となっています。
まずMAINボタンを押し30km/hを超える状況でSETを押すと定速運転(+-で速度調整)、65km/h以上の状況でハンドルボタンを押すとハンドル自動制御がかかります。キャンセルボタンを押せばキャンセルできます。フィット世代のセンシングよりもさらに世代が進化しており車線維持機能周りの挙動(読み取り間隔?)が改善されており首都高でもよりスムーズに運転できます。
またiボタンやTRIPボタンは車両設定などに使います。ほとんどの場合使うことは無いでしょう。


車速感応式ワイパー、つまり車のスピードに合わせてワイパーの速度を調整する機能がGLセンシング以上は標準です。
これを搭載する場合は少しワイパー周りの表記が増えてごちゃごちゃしてしまいます。
右側のレバーは撮影し忘れましたが、ウインカーとライトです。「ウインカーはワンタッチを採用していますので一度触ると三回点灯します。注意してください」「奥に倒すとハイビームですがオートハイビーム採用されていますので原則操作は不要です」と営業から説明ありました。


エコボタンが少し操作しづらい場所にあるのは難点。
またメーターの明るさのプラスマイナスができるボタンもあります。


サイドブレーキは足踏み式ですが、かなり端の方にあるのでビックリします。抵抗があるので「踏んだな」ということで初心者にもわかりやすくなっています。
アクセルの上に第二のティッシュ入れと言わんばかりの収納がありました。


ETCの搭載スペースももちろん装備。このようにすっぽりはまります。


メーターは針式を採用。軽なのにタコメーターがあるあたりがホンダの意地ですよね。普通車に匹敵するぐらいの材質の物を使っています。


これがエアコンですが、旧アクア並に使いづらいので改善希望ですね。
AUTOボタンを押すとAUTOになるのですが、消すときはAUTOボタンをもう一度押して消えるのではなく左下のON/OFFをわざわざ押す必要がある。フィット等に採用されているタッチパネル式で無く普通のボタンなのはいいですが、ボタン配置が特殊なのは賛否が分かれますね。
温度調整はAUTOボタンに付いているリングをぐるぐる回します。0.5度単位での設定が可能です。


GLセンシング以上で、助手席側の収納の中にスマホ充電用のUSBジャック(2.5A)装備。急速充電対応です。
一部の対応ナビを買うともれなくもう一個付いてきて3個になる場合もあります。
もしこの穴が目立つという場合はディーラーに頼めばオプションで追加してくれます。

続きを読む≫ 3.細かい気遣いは?!