車購入は正規ディーラーに限る?! ビッグモーター問題で露呈

ビッグモーター問題で車の品質に不安を覚える人も増えているかもしれないが、ビッグモーターに限らず中古を中心に販売する車業界は大なり小なり同じ事をやっていると言われても反論できないだろう。除草剤ばかり報道されているが、目に見えて分かりやすいからマスコミが食いついただけでこの問題の本質は保険会社への水増し請求及び保険会社もグルでその行為を認めてきた部分で本来必要な監査をせず大手で信頼があるからという名目でメールや電話一本で数十万をポンと払ってきた部分である。新品の代わりに中古の部品・オイル等を入れても素人には分からないと言われればそれまでであり、そのせいで車の故障が増えて高速道路の路肩が削減できない等になっていれば道路政策にも影響しているのは言うまでもない。板金修理も保険を使わず個人で払うと10万程度で済むが、保険を使うとなると全交換で30~50万請求するというのは良くある話である。
中古や規模の小さい個人店でも信頼できる店はあるが、初心者や素人がそれを見つけるのは極めて困難であり、迷ったら正規ディーラーに駆け込むのが安心である。正規ディーラーとは自動車メーカーのロゴを掲げている店舗であり原則そのメーカーの車種しか扱っていないが新車のみならず中古車も扱っており、メーカーの看板を背負っているため価格は多少上がるがトラブルや故障率も極めて低いのが特徴だ。理論上数年おきのタイヤ交換・1ヶ月おきに空気圧補充・半年おきにオイルを新品に交換さえしていれば無故障で走るはずであり、高い品質の割に故障が多い現代の車を見ると中古屋全体にそのような空気が蔓延していると言っても過言では無いだろう。ビッグモーターのみならず業界全体で法律や倫理に反した取扱の粛清を進めてもらいたいものである。