沼津・やば珈琲店訪問記 何がやばい?ラブライブの有名聖地

沼津市の仲見世商店街にある「やば珈琲」に行ってみた。ラブライブサンシャインにも登場しており何がやばいのかという人もいるかもしれないが、至って普通の喫茶店であるが強いてやばい所を挙げるなら大手並みに長い営業時間の長さ、量がヤバい、コスパがヤバい、suica・ペイペイ・Edy対応、大手以上の雰囲気と言った所だろうか。沼津駅でご飯に困っている人はぜひ訪れてもらいたい店の一つである。

営業時間は7-22時となっており、大手と肩を並べるぐらいとなっている。テラス席を備えているのも大きな特徴だ。
コメダよりもかしこまらずフラッと入れるのが特徴で、料金はカウンターで先払い、あれこれ聞かれるオプションも少なめで自分が頼んだ物だけが加算されるという点で単純明快である。539円のLサイズのカフェラテを頼んでみたが、ジョッキ並みにデカく味も美味しく衝撃を受けた。当方も珈琲を色々飲んできたが、日本一デカいのではないだろうか。コメダの「でらたっぷり」シリーズより大きい。そして店内の雰囲気も素晴らしく、まるでホテルの客室を彷彿とさせるような雰囲気である。昼間になると食事メニューも頼めるようである。

トースト(286円)である。高級店のように皿が温かくなっており、配置も神である。

もちろん商店街あげてラブライブを応援しており、マンホールまで登場している。駅に客は来ても商店街まで客が来ないと関係者が嘆いていたが、仲見世商店街の活性化はJR東海に掛かっていると言っても過言ではない。県民からの信頼を取り戻し地域密着を謳うなら商店街との連携は必須であり、東海がコラボ第二弾で商店街と連携し500円購入でAqoursコースタープレゼント系の企画をやれば客が増えるのは間違いないだろう。

静岡県は知事権限により駅前のパチ屋拒否、大手チェーン拒否(ファミマ除く)、大型商業店舗拒否(ららぽ沼津もかなり苦労したはず)という施策を取っているが、それはこのような小さな店舗を守る為、もっと言えば地元民から金を吸い上げて地元に還元しない企業は静岡ではお断りという事なのだろう。そのおかげで商店街は他地域に比べて比較的活性化している印象を受けるので、興味のある人はぜひ歩いてみてもらいたい。