島根知事「JRはジャパンではない」発言に西「コメントは控える」


島根県知事が中四国代表として「大量輸送しかしないならJRはジャパンを名乗る資格は無い」と発言した事に対して、主にその矛先が向けられたJR西は「発言の真意が分かりかねるので詳細な回答は控える」としたようだ。あの西が引いているのを見るとなかなか屈辱的だったのだろう。
ネットでは「民間だから赤字路線を整理するのは当然」というコメントが多く見られJRは民間会社のフリをしているが、実際は国鉄廃止前にかなりの路線が整理され、国鉄から路線と同時に莫大な借金含めてほぼ全ての資産を継承した会社であり最初から自分の力でレールを引いた会社ではない。山手線や東海道新幹線も国が引いたものである。だからこそ経営が苦しい中でも何とか踏ん張るべきであるという事を言いたいのだろうが、そのロジックで行くと一番JRを名乗る資格があるのは客が少ない路線でもJR設立以来廃線を一切していない東海と四国という事になる。
JR東海は新幹線で莫大な収益を得ている一方、在来線はほぼ全て赤字のようであるが「協議をするような線区は存在しない。協議をする必要もない」として赤字が出ても新幹線の収益でカバーする姿勢を示している。面白いのが四国であり「話し合いをしたい」と自治体に申し入れるも案の定拒否されたので各県との関係悪化を恐れて最近は話し合いを引っ込めたようだ。例えば島根の路線もJR西ではなく東海管轄であればこのように知事が怒りのコメントを出す事もなかったのだろう。地域に根ざした運営をするという点では会社は別でも良いかもしれないが、プール制導入を検討する時期が来たのかもしれない。現在JRは地域によって区分されているので西管轄ならひどい目に遭い東海管轄なら幸せになれるといったように地域による格差が生じている訳であるが、高速道路が全国プール制導入により豊かになったように、将来的にはどの地域のどの路線に乗っても同じようなサービスを受けられる事が理想型なのかもしれない。