ロードサービスをネット検索で高額請求?! 保険会社・JAFに連絡

クルマのトラブルという事でネットでロードサービスを検索したら高額請求されたと国民生活センター等が呼び掛けているが、元々水回りやら鍵のトラブルとかやっていた業者がロードサービスに衣替えしたという話もよく聞く。その点ではすぐに来てほしいという心理を突いて高い金を払わせる構図は鍵や水と同じスタイルのようだ。

縁石に当たったとかパンク・脱輪等クルマのトラブルについては、ネットで検索せず契約している任意保険会社、クルマを購入した販売店、あるいはJAFに連絡すべきであり、これ以外の業者はアテにしない方がいいだろう。保険のロードサービスを使うと等級が下がるのではという誤解が多くなされているが、ロードサービスの利用単体だけであれば等級が下がる事はない。また、何らかの理由で保険のロードサービスが使えない場合はJAF(有料)になるが、それでも悪質業者の10分の1以下の価格で周囲の安全も確保して万全の品質で作業してくれるのではっきり言ってロードサービスに関してはJAFに勝る企業は存在しないのである。年に1回以上JAFを呼ぶ人は会員になった方が格段にお得なのは言うまでも無い。市場相場からかけ離れた不当に高額な金を巻き上げる行為は経済にも悪影響であり、政府もしっかり発信すべきであると言えるだろう。