セブンおにぎりにG混入でネット炎上「怖くて買えない」

セブンの梅おにぎりにGが混入していたとして、ネットが炎上している。しかも2件あったようだ。今回はツイッターが先ではなく客が店舗に申し出て本部が発表したのだろう。コンビニの看板商品であるおにぎりに一番入ってはいけないものが入っていたのは衝撃であり、同じイメージで見られるという点で同業他社にも影響する可能性が高い。どこで混入したのかは発表されていないので謎であるが、工場で混入した可能性はほぼゼロという関係者の意見もあり勝手に入り込む事は極めて低いとしても待遇等に不満な工場従業員が嫌がらせでやった可能性は考えられる。店舗側の可能性もありうるが、原則飛ばないGが地面から米飯ケースを伝って商品内部に入り込むというのは極めて可能性としては低い。検品するはずだという意見もあるが、店舗は忙しくほぼ並べるだけであり一々商品の状態を見ている店員は殆ど存在しないのが現実だ。
コンビニの衛生管理は極めて厳しく米飯工場にもそれは指導されているはずであり、トラブルを起こした商品は販売終了及びトラブルを起こした業者との取引はすぐに切るぐらい厳しいのがコンビニ本部である。セブンが掲げてきたブランドイメージも全盛期に比べて落ちたという事なのだろうか。当該工場のみならずセブンと取引のある工場に保健所が入って調べてもらいたいものである。