熱海駅跨いでのICカード出場は不可 事前の切符購入を推奨

TOICAやsuica等の交通系ICカードは相互利用が可能になったが、今でもエリア縛りは存在している。有名なのが熱海縛りであり、JR東エリアから東海エリア、またはその逆で自動改札IC出場をしようとするとエラーになる。例えば東京→熱海はOKだが、東京→三島・沼津とか東京→静岡を在来線だけで移動してICカード出場しようとすると出られないという構図であり、窓口での精算が必要になる。またオートチャージ等も利用できない。

同じJRじゃんとか同じカードじゃんとかICで入ってICで出る、残高もある、何か問題でも?と思う人もいるかもしれないが、ICサービスは特定のエリア内でのみ展開されている事情、及び自分の会社の運賃計算データベースは自分の会社のものしか収録していないため存在しない駅から来たという理屈でエラーになるのである。会社が違うからできないとJRは言い張るが、西⇔四国は出来ている訳で単にJRのやる気の問題だろう。特にイベント時は精算窓口が混み合うので事前に紙切符を購入しておく事が望ましい。面倒な人は新幹線を使う、あるいは熱海で乗り直し、あるいは無敵の18きっぷを使うというのも一つの方法だろう。これが解決すればJR神と思う所であり、顧客目線に立って謎の縦割りが一日でも早く終了する事を期待したい。