JR東海が観光路線に天地逆転?会社を救ったラブライブの奇跡

東海道新幹線の利用が感染症前95%に回復し93.5%増益・進捗率も36.2%と異例の好業績を記録したが、間違いなくラブライブのおかげだろう。普通のアニメではなく皆に幸運をもたらす神の存在と言わざるを得ず、当方も以前からコラボすべきと申し上げてきたが運営からの誘いを断ってきた歴代経営陣の責任は重いと言わざるを得ない。今期は観光利用がビジネスを上回ったと言われているほどだ。そしてアニメーション会社はサンライズであり、東海もサンライズ(列車)を持っている事は見逃せないポイントだ。さらにキャンペーン開始以降、県知事による東海批判は一切無くなり笑顔が戻りリニアの議論が進むという点でまさに棚からぼた餅状態なのである。


沼津駅も誕生日を祝うポスターになっていた。幻日のヨハネの告知も出ていた。在来線の駅が主役になるのは全国でも極めて稀かつJRがここまで本気で装飾するのも史上初で、それ目当てに全国から客が来るというまさに経済の好循環を果たしている。

沼津駅みどりの窓口もJRロゴの横にAqoursを飾るという徹底ぶり(8/12撮影)で、キヨスクの装飾もすごい事になっている。他アニメとのコラボも始まっているようだが、テレビ放送終了して5年以上経つのに臨時列車が20秒で完売というのも良い意味で異常レベルであり、ここまで地域に密着し住民・声優も協力的で運営側がJRコラボを懇願していた作品は他に存在しないだろう。

キャンペーン期間中に誕生日を迎えるキャラは全員お祝いしてきたが、最後というだけあって装飾も気合いが入っていた。オレンジの会社がオレンジのキャラで締めるという事なのだろうか。100万km記念は考え中という事らしいが、駅前をホコテンにしてAqours声優によるライブ・花火打ち上げ・在来線と新幹線で臨時列車等、締めにふさわしいイベントを企画してもらいたいものである。アニメでは9人が横に並んでいる風景があるが、コラボの一環でそれが実現すればファンは感涙物だろう。臨時列車は前回は先着でJR全社をかき回した部分を反省し、次回やるならばEX会員限定の抽選・当たった人の切符は郵送にすべきであろう。ネット上では「まだお祝いしてない子がいる」という意見もあったが、終了後も別枠で装飾を出す事は十分可能だろう。9-12月はヨハネ枠にでもしておいて12月から第二弾をやれば4人お祝いできる。

告知用のディスプレイで誕生日をお祝いしていた。勿論LEDでもお祝いしている。駅内の売店に寝そべりが出現した。

手作り感溢れるお祝いボードも素敵である。誕生日の掲示目当てで沼津に来たり入場券を買う人もいるぐらいである。

当日または前日の三島着のEX利用票(自由席でも可)を沼津駅2階の観光案内所に提示すると、コラボステッカーがもらえる。8/31まで。絵柄は選べずランダムであり、キラキラしていて金が掛かっているイメージである。

駅前はAqoursであふれている。聖地・沼津はそんな街であり、それが許される街なのである。

行政はJRほど簡単にラブライブを使えず個別のプロダクト・商品への言及も簡単にできないので100周年記念の花壇を作ったり、お花でお祝いしたり街を盛り上げようとしている。

ゲーマーズ沼津店は、ヌーマーズリトルデーモン店に名前を変えてしまった。少し駅から距離はあるがオープン時は声優が全員出席するという異例の規模で、看板もヨハネ声優が一日店長になった際に書いてもらったようである。

あまり知られていないが、沼津駅2階の観光案内所隣に行政によるブースが設けられており、歴史等を知る事ができる。

沼津駅~ららぽーと~駿河湾沼津SAという市内3大スポットを200円で周遊できるバスがあるようだ。

BiVi内にあるサンシャインプレミアムショップの装飾もかなり巨大になっていた。閉店したはずの本屋が1日限定でオープンしたり、東海バスがラッピングを一堂に並べたりというのもすべてJRのおかげだろう。ラブライブの奇跡とは、元々運営側が懇願していた為様々な企画を打ちやすかった事、及び地域に根付いていて地元も受け入れファンも上品という全ての歯車が上手く回ったからこその奇跡と言えるだろう。JRが周辺経済に果たす役割は極めて大きいものがあり、地域密着の成功例として鉄道史に刻まれる事は間違いない訳でこれからも新たな歴史を刻んでもらいたいものである。