空気清浄機のフィルター お手入れ方法と掃除頻度は?

エアコンにフィルターがあるのは知ってると思いますが、空気清浄機にもフィルターがあるのはご存知ですか。
「え、10年お手入れ不要って聞いたんだけど?」というツッコミが来そうですが、それは違います。中のフィルターの話です。空気清浄機は何層かフィルターがあって中のフィルターは清掃不要ですが表のフィルターは定期的にゴミ取りが必要です。メーカーの取説にこっそり書いてありますがそんなの読むか!という人がほとんどでしょう。パナソニックの場合は本体にフィルター清掃のランプ表示などはありませんのでスマートメーターを導入している家で「今日電気代高いな」と言う日があれば掃除時期と判断してよいでしょう。
表のフィルターを掃除しないと臭いが取れないばかりか消費電力上昇の原因(24時間稼働で月1,000円程度余分に消費)となります。

今回は実機を使って手順を説明します。

1.取説の手順に従って表のパネルを外す
パナソニックの場合はパネル左右の隙間に両手で指をはめ込んで上に持ち上げるとカバッと取れます。壊れるんじゃないの、と思うかもしれませんが案外壊れません。

2.ここを掃除する

表の化粧カバーを取ると出てくるのがこの黒いフィルター。写真は既に掃除したものです。
メーカーの取説では「2週間に一度掃除機で吸い取れ」と書いてありますが、わざわざ掃除機なんて嫌だわと言う人はアルコールペーパーやティッシュでも構いません。ホコリが取れれば何でも。完璧にとりきる必要は無く、大体取れればOKです。作業時間にして1分もかかりません。エアコンと比べて小さいホコリを取るのでわかりづらいですが、白い部分がなくなれば概ね取り終わったと言う事です。
また私のように24時間稼働している場合や電車・工場・高速の近く、タバコ吸う人が居る、猫がいるなどホコリの多い環境では2週間に一回ではなく1週間に一回をお勧めします。

上の写真にある「まわす」を回すと10年お手入れ不要らしい2番目のフィルターが出てきますが、ほとんどいじる必要は無いでしょう。

ということで、空気清浄機の「10年お手入れ不要」は詐欺?嘘ですので気をつけて下さい。
空気清浄機フィルターを定期的にお手入れして綺麗な空気と電気代節約に貢献しましょう。

コメントする(承認制)