アニメ「夢見る男子は現実主義者」浜松駅”聖地巡礼”で賑わう予感

浜松市が気合いを入れて宣伝している「夢見る男子は現実主義者」というアニメであるが、作中に浜松駅近辺の風景等が多数登場するようであり、レストランさわやかも含まれているようだ。駅周辺は何かとピアノの形をしている物が多い。

作中に出てきたアクトシティの地下であり、24時間誰でも立ち入る事ができる。駅前に広大な土地を確保し、かつ雨宿りできる場所を一般開放しているのは全国でも極めて珍しい。

アクトシティの聖地への行き方は、駅から螺旋階段を下りれば到着できる。この立派な駅前も聖地になりそうな予感である。

誰が写真を撮ってもこんなに立派に撮れるのだから聖地になるのも納得の所であり、遠鉄コラボきっぷの販売も決定したようである。次に乗っかるべきは全国から客を呼べる路線網を持つJR東海であり、ラブライブで集客ノウハウを得たのだからそれをそのまま水平展開して静岡の発展に努めてもらいたいものである。ただしアニメの内容や規模感・グッズ等が少ないので、コラボきっぷやキャラスタンド設置・アクスタ販売程度で良いような予感もする。JR東海にも夢を現実にしたいことがあるはずであり、叶えたい「のぞみ」があるはずだ。このコラボに乗っかるタイミングを逃せば、自らの「のぞみ」を知事が認める時期がさらに遅くなるのは言うまでもないだろう。