「このSDカード全然写真が保存できない」64GBあるのに?! ネット話題

「このSDカード、全然写真が保存できない」とする投稿が話題になっている。これを持っている人はごく少数かと思うが、今では絶対に流通していない64MBのSDカードを写真に収めて「保存できない」と言っているようだ。実は当方でも128MBのカードを持ち続けている。

パナソニックが誇る128MBのSDカード、1GB・2GBのSDカードである。5000円になったタイミングで買い続けており、2005年当時128MBでも5000円、3年後1GBで5000円、3年後2GBで5000円みたいな感じであった。当時はこれが技術の最先端とされており、写真も1枚1MB程度だったので手の平に写真が100枚も保存できるのは36枚撮りフィルムと比較しても画期的という考え方であった。今では128GBが5000円という事で、時代の進化を如実に感じる所である。というかスマホで写真を撮ってそのままアップする人が多いのでSDカードの存在すら知らない人も多いかもしれないが、パナソニックが誇る耐熱・耐衝撃を誇る最強のカードでありある程度雑に扱っても中のデータが壊れる事はない。他社によるカードや機器の開発も自由としたが松下への申請を必須とする事でどの機器で使っても同じ互換性が担保されるよう設計され結果としてカード自体の高い信頼性の寄与に成功した。今でも一眼レフ業界等ではバリバリ現役で使われており、世の中の写真業界の発展に寄与してきたSDカードに感謝という所であろう。