ローソン「森半」コラボの抹茶スイーツ多数発売 各社がコラボに走る訳

ローソンが京都の抹茶老舗「森半」とコラボした抹茶系スイーツを多数出していると言う事で、実際に買ってみた。

パッケージから全力で抹茶になっていて、とてもローソンの商品とは思えないぐらいのクオリティである。全面フルカラー印刷はコストが掛かるのでコンビニ本部は嫌うが、そう考えるとなかなかの気合いの入れようであり、抹茶=ローソンというイメージを持ってもらいたいのではないかという思惑も感じ取れる。バウムクーヘン(279円)はこんな感じであり、かなり忠実に抹茶の味が再現されていると感じた。

お抹茶つつみ(298円)はかなり忠実に素材の雰囲気が再現されていて、もちっとしていて非常に食べやすい。その他にもエクレア等もローソンの代表商品となっている。ファミマもコラボ商品を多数出しているが、本部としても他社の知名度に相乗りできる、相手としても無料で宣伝できるという所で今後ローソンとファミマを中心にコラボ商品が増えていく事は間違いないだろう。興味のある人はぜひ食べてみてもらいたい。