不動産会社が勧める火災保険は高い!他社と契約できる?

アパートやマンション等賃貸物件に入っていると不動産会社が「火災保険は○○円になりますので」などとあくまで家賃とセットのような説明をしますが、火災保険は自動車保険と同じで任意なので好きな会社と契約できます。(任意ですが入らないという選択をすることは事実上できません。入らないと大家が入居を認めません)
しかも不動産会社が勧めてくる保険は高く、火災保険は入っていても目に見える違いがないので安いのに入っておけば十分です。
入居時や更新時に「火災保険は他社でも契約していれば良いですよね?」と確認してみて下さい。他社で入った場合は加入証の提出を求められる場合があるので必ず準備しておきましょう。

自動車保険と比べ、物件の火事が起こる確率は何十年に一回あるかないか。そのため保険料も安いのですが、ネットで「賃貸 火災保険」などと調べれば年間4,000円から加入できる物もあります。家財補償も100万円のものを出している会社もありますが、これで十分です。例えば部屋が丸ごと燃えたとしても消失するものはテレビ、パソコン、エアコン、洗濯機、スマホ程度で100万円以上になることは普通の家庭ではまずあり得ません。高価な家具や高価な宝石でも置いているようなリッチな家庭は別でしょうが、そういうお金持ちの方はこの記事は読まないでしょう。

賃貸向けの火災保険は基本的に「家財・借家人賠償責任・個人賠償責任」という構成が一般的ですので、一部の保険会社では特約をセットする形になり少し高くなる場合もあります。他人との共同住宅である以上自分だけ守れれば良いという性質の物ではありませんので。特に個人賠償責任保険は他の保険会社で加入している場合はダブルで加入になり余計な保険料を払うことになるので他社の契約や補償内容を必ず確認しましょう。

コメントする(承認制)