水道水は場所によって美味しさが違う?一番美味しい県は?

水道水は場所によって美味しさが異なる。そもそも水道水はどこも同じはずだという考えを持つ人も多いはずであり美味しさをどのように定義するかという論点はあるかもしれないが、あくまで個人の主観に基づくものである。一番簡単なのはホテルに宿泊してうがいをする、あるいはコンビニやスタバ等で水道水を浄水したコーヒーを飲めば違いが分かるだろう。水道事業は市が実施するが、用水供給事業は県の管轄なので県の処理方法が違えば味も違うと言う事になる。

個人の主観に基づいてランキングすると、上のような感じになる。長野・山梨・静岡の水道水はかなり美味しい。順位に入れなかったが新潟もそこそこ美味しい。山や川等の自然があればそこから取水するので薬剤まみれにしなくても済むのである。
2位には四国をランキングした。高知県の水道水はかなり美味しい。理由としては早明浦ダムを持っているからだろう。そこから取水している香川県も美味しい。うどん作りに美味しい水は欠かせないのである。
東京も昔は不味かったようであるが、最近は美味しくなってきている。水道水を使って飲食店は料理を作るわけであり、その重要性にようやく気づいたのだろう。コンビニのコーヒーマシンでコーヒーを作って飲むと澄んだような美味しさが得られる。
栃木の美味しさは東京の下ぐらいであるが、それでもまだ評価できるレベルであると言えるだろう。言い換えれば個人的には栃木がギリギリのラインであり、それ以外の自治体は臭みがあったりして飲むのはしんどいのが実態である。水道水ランキングを見ても高知・静岡・山梨は全国5本の指に入る安さであり、豊富な水源があり水が綺麗であれば大規模な浄水場を持つ必要がないので安く出来るという事なのだろう。各自治体も悪い水質を薬剤まみれにしてよくするという考えでは無く、悪い水質との関係は速やかに打ち切り元から良い水源・水質を引っ張ってくるという考え方にシフトしてもらいたい物である。数字だけではなくそれを実際に飲む、あるいはコーヒーとして飲む、あるいは料理として使う、洗髪に使うという部分まで考えてもらいたい物であり、興味のある人は各地域を訪れて水道水を飲んでみてもらいたい。