土佐くろしお鉄道「伊尾木駅」訪問記 無人駅の割には綺麗

土佐くろしお鉄道の「伊尾木駅」に降り立ってみた。伊尾木洞が近くにあるようである。

国鉄が作りかけて中断し三セクとして引き継いだ路線にしてはかなりハイスペックであり、客数50人の駅としてはかなり立派である。照明の数もかなり多く、明るいぐらいである。

外には自転車置き場やトイレ・待合室などがある。ホームは虫が多いので待合室で待った方がいいかもしれない。

掲示物等々である。地元民が使うと言っても限界がある訳で、駅や車両を含めたハード面は首都圏と比べても遜色ないぐらいで大いに宣伝できる部分であり、客を増やしたければネットでの発信を強化してJRを使って外から来てもらうべきであろう。客が増えすぎたら困るという部分はあるのかもしれないが、今後の展開に期待したい。