JR東、上野駅に妖怪ラーメン開業 90秒で出来立て調理

JR東が、首都高に設置されている妖怪ラーメンを応用した「セルフ駅そば」を上野駅11・12番線ホームに設置した。以前も東京駅に出していたような気がするが、今回は公式が運営に関わっているのが大きな違いであり、常磐線ユーザー相手なら売れると判断した模様である。

駅構内の店舗としてはかなり大規模に設置されている。

システム上、待ち時間が長いのでそこは待つしかないだろう。

店内はこのような雰囲気となっている。

メニューはこのような構成になっているが、その日の売れ行きによって売り切れになる場合もあるので注意。

決済方法はsuicaのみであり、現金の利用はできない。本体自体は多種多様な決済に対応しているので、今後増やしてもらいたいものである。


早速注文してみた。2分ほど待ち時間が掛かる。

こちらが出来上がった「駅そば」である。

実際に食べてみるとラーメンよりはあっさりしていてそばとしてもかなりクオリティが高いと言えるだろう。首都高にあった出来たてラーメンシステムをもとに改良しているものと思われるが、金のなる木に育つのか、今後に期待したい。