異次元の少子化対策は社保上乗せ500円?炎上・撤回で文鎮化

政府が、異次元の少子化対策として社保に500円程度を上乗せすると発表したが、炎上しまくったので直後に撤回し、年内までに結論を出すとしたようだ。この件に限らず、何かを実現するには財源が必須であり財源の手当ができないと政策は進まないと言われているが、困った時は国債から手当てすれば良いのである。国債は税金では無いので現役世代に怒られる事もなく、ただ未来の世代が負担するだけに過ぎない訳であるが、少子化が改善して未来の子どもたちが働いて税金を納めるようになれば間接的に返せるようになるので国債の目的と一致していると言えるだろう。
足りない分は何でもかんでも国民に上乗せすれば良いという短絡的な考えを実行すると可処分所得が減る事になり、不景気のスパイラルに突入する事になり得る。子育てが大変とか保育園や小学校に入れない等といった子育て世代が意見を申すのは自由であるが、その財源をどこから引っ張ってくるかについても考えていく必要があると言えるだろう。