JR四国社長「新幹線実現へのハードル下がった」発言もネット賛否両論

JR四国社長が、四国新幹線について「歓迎すべき事業」とし、徳島が瀬戸大橋ルートに決めたことについて「実現へのハードルが下がった」と述べた。これまでJR四国は新幹線について赤字経営であり国の補助金を受けている立場なので「コメントしない」等と中立的な立場を繰り返してきたが、JR維持の新たな考え方が出てきた事で一歩踏み込んだ発言をしたのだろう。
ネット上では「赤字会社に新幹線は要らない」「カネがないのにどうやって建設するのか」等と言われているが、実際に特急に乗ってみれば分かるが四国県都間の移動が半分になる大きな魅力を秘めている。新幹線は基本的に上下分離となっており、国(厳密には機構)が建設し、JRが運行を行う形となっている。なのでJRが黒字か赤字かは関係ないのである。それならば北海道はどうなのかと言えるだろう。東や東海の新幹線も国鉄の資産を継承し用地買収等の苦労をせず運賃で借金返済に回すスキームになっており、他人が育ててくれた苗木から美味しい果実を頂いている状況に過ぎない。新幹線は主に政治家の為に作られた移動手段と言っても過言では無く政治力が物を言うわけで、政治家が選挙移動・遊説等の際に必要だという路線がこれまで建設されてきた経緯があるのは言うまでも無い。
要は新幹線を建設するかどうかはJRに決定権は無く国の専権事項であり、国が予算をつければすぐにでも新幹線は建設できるのである。自治体もJRに要望を出すのではなく国交省に要望を出すべきである。特急の客は新幹線に流れるかもしれないが、普通列車等の客が減るとしても微々たる数であり、人口が減るから作らないではなく地方創生の起爆剤として議論が進む事を期待したい。