沼津市民「この電車は何?」一日数回だけ見られるレア列車

沼津市民が不安そうな表情を浮かべながら乗車する列車が、これである。

普通列車と案内されるが、何だか変な電車と思いながら乗っている人が多いだろう。実はこれはJR東の車両であり、終電間際と始発あたりで目にする事が多い。この列車に乗っても追加料金は発生しないが、グリーン車は別料金であり、東海に比べて椅子が固いのが特徴である。10両編成でグリーン車2両なので、実質8両編成である。東が夜間留置しきれない車両を沼津に置いておくらしく、その影響でこのような運用になっているのだろう。東の車両を使うと言っても東海エリア(熱海以西)は東海の運転士・車掌であり、運転のクオリティが変わる訳ではない。東京ではこれの色違いが15両でゾロゾロ来る訳で、知らなかったという人は覚えておくと良いだろう。